足の裏 あせも

足裏のあせもが気になる!強いかゆみやガサガサも…

足の裏のあせも

 

足の裏がかゆいと辛いですよね。

 

しかもガサガサになると、サンダルをはけないし、彼氏にも素足を見せられません。

 

足の裏がかゆいとき、まず考えられる原因は水虫ですが、水虫以外の理由もあるんです。

 

足の裏がかゆくなる原因の一つが、あせもの一種「汗疱(かんぽう)」です。

 

汗疱は、汗をかいて足が長時間、高温多湿の状態や不衛生になると発症します。

 

症状が似ているので水虫とよく間違われますが、水虫の薬を塗っても症状が収まらないなら汗疱かもしれません。

 

水ぶくれになって皮膚がめくれてしまいます。

 

→足の指の皮がむける症状と対策について

 

水虫は白癬菌というカビの一種が原因で発症しますが、汗疱はカビや菌が原因ではありません。

 

汗をたくさんかくと、汗と同時に皮脂も出て毛穴を塞いでしまいます。

 

汗腺(毛穴)が詰まると毒素が排出できずに体内に吸収されてしまいます。

 

そうすると、汗疱というあせもが出てくるのです。

 

汗疱には水虫の薬は効きません。

 

あせもに効く塗り薬、たとえばオロナインなどが効果があります。

 

汗をかきやすい人は、次のことを徹底してみてください。

 

  • 靴下やストッキングをはきかえる、
  • 除菌シートを持ち歩いて足の裏を拭く
  • 通気性のよい靴を履く
  • 入浴のときにはよく洗う

 

以上のことをするだけでも、かなり予防が期待できます。

 

汗疱は清潔にしていれば発症しないので、足の裏を常にきれいにしておくと良いですよ。

 

かゆみがひどいときには、皮膚科を受診しましょう。

 

保険適用内でかゆみ止めなどを処方してくれるので、あまり我慢せず、早めに受診した方が良いですよ。

 

→足の裏の水ぶくれの治し方はこちら