かかと 水ぶくれ

かかとに水ぶくれ…何が原因なのか教えて!

きれいな足の女性

 

かかとのガサガサ乾燥やプツプツ水ぶくれに悩んでいる女子は少なくありませんよね。

 

ストッキングに引っかかって破れてしまうし、素足になるのが恥ずかしい…。

 

ケアしているのにガサガサ、プツプツかかとが治らないなら、それは水虫かもしれませんよ。

 

指の間などにできた水虫を放っておくと、角質の奥深くまで水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)が浸透し、かかとにまで症状が出てきてしまいます。

 

しかもそのまま放置すると、水虫の中でも治りにくい爪白癬(爪水虫)になってしまうかもしれません。

 

→爪白癬で足の爪がはがれそう…どうやって治すの?

 

足の裏全体に粉がふいたようにカサカサになって、特にかかとの角質が厚く硬くなる水虫は、角質増殖型(角化型)水虫です。

 

かかとに小さなプツプツ水ぶくれができたら、それは小水疱型水虫です。

 

水ぶくれがつぶれて破れると、ぬるぬるした液が出て、皮膚がカサカサになって皮がむけます。

 

かかとの水虫に限らず、水虫の原因は皮膚が白癬菌というカビに感染してしまうことです。

 

白癬菌は皮膚のケラチンというたんぱく質を栄養として増殖します。

 

ムレムレの足

 

高温多湿の皮膚を好むので、ブーツを履いているときなど、足が蒸れていると白癬菌が繁殖してしまいます。

 

1日中ブーツを履きっぱなしの人は注意が必要ですよ。

 

また、汗や汚れが残っていると白癬菌は増えてしまいます。毎日ちゃんと足の指の間も洗うようにしましょう。

 

また、家族や彼氏とバスマットを一緒に使うと水虫がうつるかもしれないので、気をつけてくださいね。

 

女性用