角質増殖型水虫

カテゴリ別対策ランキング

水虫対策ランキング
足の臭い対策ランキング
足汗対策ランキング

うそっ!角質増殖型水虫は治りにくいって本当なの?

かかとガサガサ

 

顔や体のスキンケアには気を使っていても、かかとのガサガサだけは治らない…

 

そんなお悩みはありませんか?

 

保湿クリームを塗っても改善されないかかとのガサガサやひび割れは、乾燥が原因じゃないのかもしれません。

 

実は、かかとがガサガサになったり、白く粉をふいたようになるタイプの水虫があるんです。

 

「角質増殖型」水虫は、乾燥やひび割れが特徴です。

 

角質増殖型水虫は、なかなか気付きにくいので、放置しているうちに、水虫の原因となる白癬菌が爪の中まで浸透してしまうことがあります。

 

そのため、

 

爪水虫を併発することが多く、足以外の部分にまで角質増殖型水虫が広がるケースが多いのです。

 

これが、角質増殖型水虫は治りにくいと言われる理由です。

 

また、白癬菌が角質の奥深くにまで浸潤してしまうので、なかなか完治しません。

 

さらにやっかいなことに、乾燥して剥がれ落ちた皮膚が部屋中に散らばって、家族や彼氏にまで感染が広がるケースも多いです。

 

だから、早めに治療を受けることが大切です。

 

角質増殖型の水虫を治したいなら、皮膚科を受診しましょう。

 

市販の薬で角質増殖型水虫を治すのは難しいので、皮膚科を受診した方が早く治療できますよ。

 

治療には、塗り薬だけでなく内服薬も併用する必要があります。

 

また、患部を清潔に保つことが必要です。

 

毎日、ボディーソープや石けんをよく泡立てて、指の間まで丁寧に洗いましょう。

 

また、爪水虫を併発している可能性もあるので、家族で爪切りを共有するのをやめて、自分専用の爪切りを使いましょう。

 

→爪水虫の治療法はこちら