汗疱

水虫と間違えやすい汗疱、原因がわからないって本当?

汗疱が治ったきれいな足

 

水虫によく似た病気に汗疱(かんぽう)という湿疹があります。

 

汗疱は、足の裏や手のひらなどの汗をかきやすい部分に発症する湿疹です。

 

1〜2oの小さな湿疹がでるので、水虫と勘違いされやすいのです。

 

汗疱の水ぶくれが破れてポロポロ剥がれると、汗疱性湿疹になります。
水ぶくれがつぶれるときに強いかゆみがあります。

 

普通は、2〜3週間くらいで水ぶくれがつぶれて剥がれ落ちます。

 

だから良くなったと勘違いするのですが、
またしばらくすると水ぶくれができます。

 

水虫はカビの一種である白癬菌に感染して発症しますが、
汗疱の原因はよく分かっていません。

 

汗疱は汗をかきやすい部分に出るので、汗が関係しているようです。

 

溜まった汗によってアレルギー反応が起きたため、
または、汗の排出がうまくできずに汗腺が詰まって炎症が起きたため
とも考えられています。

 

運動不足や冷房で発汗機能が低下していて、
あまり汗をかかなくなっていることが関係しているとも言われます。

 

また、アトピー性皮膚炎や金属アレルギーと関連があるとみている
医師や研究者もいるみたいですね。

 

汗疱の症状が出やすいのは、季節の変わり目です。

 

大量に汗をかく真夏には出にくい不思議な病気です。
また、冬も症状が出にくいようです。

 

なぜ季節の変わり目に症状が出るのか、という理由は分かっていません。

 

発症したら重症化しないうちに皮膚科を受診しましょう。

 

洗剤を素手で触るのはよくないので、食器を洗うときや
拭き掃除をする時には、ゴム手袋をするようにしてください。

 

→疥癬の原因、繰り返す水ぶくれと痒み