足の裏 靴擦れ

カテゴリ別対策ランキング

水虫対策ランキング
足の臭い対策ランキング
足汗対策ランキング

あぁ・・・靴擦れが酷くて痛い!対策と予防策を知りたい!

靴擦れ

 

サイズが合わない靴を履いたり、靴下やストッキングをはかずに靴を履いたときにできる足の裏の靴擦れ。

 

せっかくのデートの日、はりきって新しい靴で出かけたら、靴擦れが痛くて歩けなくなった

 

という経験はありませんか?

 

誰もが一度は経験する靴擦れの対策と予防法をご紹介します。

 

新しい靴やサイズの合わない靴を履いたときに靴擦れが起きるのは、皮膚と靴の間に摩擦がおきるからです。

 

摩擦回数が増えることで、皮膚がめくれてしまします。

 

足の指や足の裏に靴擦れができるのは、皮膚と靴の摩擦に加えて、前滑りになってしまうのが原因です。

 

ヒールのある靴だと、サイズがあっていても、歩いていると前へ滑りやすくなります。

 

大きいサイズのスニーカーでも、前滑りが起きます。

 

靴擦れの対策法は、水ぶくれをつぶさないことです。

 

水ぶくれは、摩擦によって低温火傷を起こした状態。

 

水ぶくれの中には、皮膚を回復する成分が入っている
液体が詰まっています。

 

できるだけそのままにして自然に破れるのを待ちましょう。

 

→水ぶくれをつぶす前に確認すべきこと

 

軟膏

皮がむけた時には、足を綺麗に洗い軟膏などを塗っておきましょう。

 

外出先での応急手当は、絆創膏を貼るのが良いでしょう。絆創膏を貼ると、摩擦を防ぐことができます。

 

 

では、どうすれば靴擦れにならないように予防できるのでしょうか?

 

新しい靴を購入したら、中敷きや滑り止めなどを入れましょう。

 

また、百貨店などにはシューフィッターと呼ばれる靴の専門家がいますので、相談してみるのもいいですね。

 

調整用パットなどを使って、靴を調整してくれます。

 

どうしても靴が大きければ、靴下やフットカバーを重ね履きするのもいいかもしれませんね。

 

→土踏まずの水ぶくれ、原因と対策はこちら