小水疱型水虫

【小水疱型水虫】足裏にブツブツ、水ぶくれは要注意!

小水疱型水虫

 

足に小さなブツブツした水ぶくれができたら、それは水虫かもしれません。

 

水虫にもいろいろなタイプがありますが、小さくてブツブツした水ぶくれができるのは、

 

「小水疱(しょうすいほう)型」というタイプの水虫です。

 

水泡ができた後にカサカサになって皮がむけてきます。

 

足の側面、土踏まずなどに発症することの多い水虫です。

 

進行するとかゆみが増してきますが、最初はあまりかゆくないので放置してしまい悪化するケースが見られます。

 

小水疱型水虫は、塗り薬で治療します。

 

水虫の原因は白癬菌というカビの一種です。菌に効果のある抗真菌薬を塗って治療します。

 

でも、菌が完全になくなるまで薬を塗り続けないと、再発してしまいます。

 

かゆくなくなったからといって、すぐに薬をやめてはいけません。

 

症状がなくなっても、1ヶ月〜3ヶ月は薬を塗り続けましょう。

 

水泡ができているところだけではなくて、その周囲まで広い範囲に薬を塗るのがポイントです。

 

小水疱型水虫をきちんと治すコツは、患部を清潔に保つことです。

 

入浴のときにはボディーソープや石けんを使って、指の間まで優しく丁寧に洗いましょう。

 

また、汗をかいたら除菌ティッシュやタオルで拭いてしっかり乾燥させてくださいね。

 

水虫は、きちんとケアすれば治る病気です。

 

彼氏の家にお泊りするときなどは、薬をつけたりするのが恥ずかしいかもしれないけれど、忘れずにちゃんとケアして、健康的でスベスベの足を目指しましょう。

 

→指の間がジュクジュクする趾間型水虫の特徴とは?