足の裏の水ぶくれをつぶす

カテゴリ別対策ランキング

水虫対策ランキング
足の臭い対策ランキング
足汗対策ランキング

水ぶくれをつぶす前に確認しておきたいこと!

きれいな足の爪

 

水虫のタイプによっては、足の裏、指の間などに水ぶくれができてしまうことがあります。

 

水ぶくれができると、かゆいし気になるし、つぶしたくなってしまいますが、自分でつぶしてもいいのか迷いますよね。

 

水泡がだんだん大きく腫れてきたらどう対処すればいいのでしょうか。

 

ここでは足の裏にできた水ぶくれの症状や原因、対策についてお伝えします。

 

もし水ぶくれをつぶしてしまっても、水泡の中の液体には水虫の原因である白癬菌はいないので、

 

水泡をつぶしたせいで、水虫が広がるとか、他の人にうつしてしまうということはないので安心してくださいね。

 

ただ、水ぶくれをむやみやたらにつぶすのはオススメできません。

 

つぶしたところから雑菌が入ってしまい、二次感染を起こしてしまうことがあるんですね。

 

二次感染すると患部に痛みが出ることがあります。

 

水虫の白癬菌に感染した皮膚は、バリアが弱くなっている状態であるため、細菌による感染を起こしやすいです。

 

二次感染のひとつである蜂窩織炎(ほうかしきえん)にかかると、足の付け根のリンパ腺が腫れてしまって、発熱や倦怠感という症状が出ることもあるので注意が必要です。

 

 

しかし中には、つぶしても平気な水ぶくれもあります。

 

小さい水泡は二次感染の恐れがあるため、つぶすのはやめた方が良いのですが、大きくなってしまった水泡は逆につぶした方が良いのです。

 

大きい水泡には、白癬菌がたくさん繁殖しているため、そのまま放っておくと、白癬菌に対するアレルギーを引き起こすことがあります。

 

アレルギーになってしまうと、白癬菌が存在しない場所でも発疹が現れることもあります。

 

水泡をつぶすときは、患部と針をしっかり消毒して、1ヶ所だけ針で穴を開けてつぶすようにしてください。

 

消毒作用がある軟膏を塗ったガーゼを貼って、ばい菌が入らないように注意してくださいね。

 

女性用